盛岡市 ささき歯科医院 歯周病&インプラントクリニック

インフォメーション
診療内容
診療シミュレーション
FAQ
スタッフ紹介
ささき歯科NEWSブログ
治療理念
FAQ
インプラント治療ガイド
院長のお気に入り
リンク
サイトマップ
リクルート
メール
患者さんからの手記
患者さんからの手記
ささき歯科NEWSブログ
NEWS

虫歯、そして歯周病治療をふり返って
~つめ物からブリッジへ、そしてインプラント使用まで ~

〈はじめに〉
 私は六十代前半の年金生活者です。歯の治療をたくさんの歯医者さん達からお世話になり、長い年月が経ちました。自分の歯についてふり返って考えてみる事にしました。
 私の歯は、人並(少々小さ目ですが)であり、むしろ丈夫な方かなぁと自負していたのは、二十才の頃まででした。学生医務室で初めて虫歯の治療を受け(記憶は定かではないのですが)、自慢の「虫歯なし」の自分に別れを告げることになったのです。あれから四十余年間、治療の必要な自分の歯とつき合っています。仕事柄、転勤先で、歯医者さん達にお世話になりました。現在私の歯は、もちろん義歯(インプラント)の助けを借りての事ですが、二十才前にもどったような感覚が得られ快適な状態です。ここまでに至る歯とのつきあいについて思い出し、ふり返ってみたいと思います。

〈治療の実際〉
二十才まで
○はじめに述べたように、子供時代は、健康な歯の持ち主で、歯痛の記憶もありません。乳歯から永久歯への生え変わりは、ほとんど自分で抜いていました。数本は、親や近所のおじさんに抜いてもらった事もありました。歯科医に行くこともなく(田舎に住んでいた)、歯みがきも程々にやり、甘い物も少なかったと思います。

二十才以降れません。 
○大学生時代(二十才頃)歯医者に診てもらったのが初体験だったと記憶しています。患部を削り、つめ物をしてもらったのでした。
○仕事を始めてからは、時々は、虫歯治療のため通院していました。十五年間は、その状態で過ぎて行きました。

三十五才頃
○転勤に伴い、A歯科医師と出会い、強く印象に残る会話が今でも忘れら

A医:「この奥歯は、大きく穴があいてしまい、もう抜くことにしましょう。」
私 :「先生、私は歯を抜きたくないのです。何とか持たせて頂きたいのですが…。」
A医:「このまま抜かないでおくと、将来‘ガン’になる可能性がありますからねえ~。」
私 :「えっ!やっぱり抜いた方が良いのですか???」

○歯ぐきが癌になる……聞いたことがない。どうしよう!無知な私は、先生の意見に従い歯を抜き、義歯(ブリッジ)を入れ、初めて入れ歯人間の仲間入りをしたのでした。有料の義歯をすすめられました。金歯の半額でプラスチック製(たぶん)でしたが、私にとっては、高価な印象でしたし、不便な入れ歯人生が悲しかったことを覚えています。
この件については、後悔が先にたち、良く考え、他人の意見も聞くべきだったと今でもあの時の決断を疑問に思っています。

四十才頃
○転勤に伴いB歯科医から前歯の矯正治療と虫歯治療を受けました。
のこぎり状に削った前歯と周辺の数本の後に、連結義歯をセメントで固定したのでした。
やっぱり疑問が残りました。正常な歯をのこぎり状に(三角に)削り取って本当に大丈夫かなぁ、私の歯がどんどん消えて行く……最後は総入れ歯が待っているのか?と悲しくなったものでした。

四十三才
○人間ドッグの歯科検診で、大ショックを受けました。なんと、歯槽膿漏→中症と診断されたのです。軽症ではなく、それ以上進行していたのです。全く初耳でした。自覚症状(歯が動くなどの)も気づかず(なかった)恐怖でした。
しかし、歯石除去と歯みがき指導を少々受けただけでB医師からの治療を続けていました。

五十才頃
○転勤に伴いC歯科医で歯槽膿漏の治療を本気で始めることにしました。医者探しがかなり大変でした。
同僚達からの評判を聞き、職場から通院できて、私の疾患にピッタリの所を捜すのは容易ではなかったのです。
歯ぐきチェックの時は、痛みを我慢するのがやっとで、とても不快でかなりひどい状態だったと思われます。ブラッシングやプラークコントロールなど指導、治療が続けられ、通院は苦痛そのものでしたが、徐々に痛みが軽くなり効果がでてきたと思われました。

五十五才頃(入院)
○下肢に重大疾患があり、一年間の入院手術を余儀なくされT病院での入院生活が始まりました。休職しながらの入院で、歯の治療は、十ヶ月ほど中断せざるを得ませんでした。
T病院内の歯科医に出会い、D歯科医から治療を受けることになったのでした。C医師と同様の治療が始まり、チェック時の痛みは、かなり軽くなってきました。歯周病治療には力を入れているとの評判がありましたが、特別な方法を用いるわけではなかったように思います。
○その後T病院を退院したのですが、一日を要する遠路にもかかわらずD歯科医の治療を続けたのでした。外科手術後の経過観察や検査を兼ねての通院でしたので、回数はかなり減りましたが、それでも五年間は続けていたのです。

六十才以降
○平成十四年三月、柿の種を強く噛み突然歯が欠け、ひび割れてしまい、頬の内部が傷つき、食べる事ができなくなったのです。知人の紹介により、近く(T病院より)のささき歯科医院にかけ込み治療を受けました。それが佐々木歯科医師との運命の出会いだったのです。
○佐々木先生は、治療の方法、予防治療の重要性、虫歯菌・歯周病菌のコントロール、口腔衛生、そしてインプラント義歯埋入手術の事などグローバルな視点での歯科治療について説明されたのです。そのお話の大部分は私にとって初耳であり、とても驚かされ、且、希望を持たせられる出来事でした。
○佐々木歯科医師との出会いから十七ヶ月後に、私は、インプラント埋入手術を受けたのでした。歯ぐきに穴を開けて金属をさし込む手術は、手術慣れをしている私にとっては、平気でしたし、麻酔の効き目も良く、痛みは全く感ぜず順調に終わったのでした。
○術後の経過は、ほぼ順調で、時間だけは、ゆっくり経過し、丁寧な治療をして頂き本当に感謝しています。
○ブラッシング指導や細菌チェックなど、その後のメンテナンスも欠かさず、この二年間は、痛まない歯でバリバリ何でも食べることができ、生きている慶びを感ずる毎日です。しかし柿の種みたいな硬い物は、誤って噛んで、インプラント義歯やその周辺部の歯を傷つけないようにと気を付けて食事をしています。大切な私の歯、二十才前の頃の私の歯を手に入れたのですから、本当にこの幸運を長く味わえることを願っています。

〈おわりに〉
 四十数年の長い年月、歯の治療を続けたにもかかわらず、私の歯は悪化の一途をたどり、どんどん欠損歯が増えるばかりでした。自分のブラッシングのまずさ、歯が弱い体質だから、年を経たせいで……等々、自分を責め諦めかけていたのでした。しかし、佐々木歯科医師との出会いにより、インプラント義歯の装着ができて、私の考えは変わりました。毎日の歯の手入れは、気が抜けないけれど、歯を(口腔内)良好に保ちながら、長生きし、楽しい食生活を続けたいと思っています。高額な治療費を無駄にしない為にも有意義な人生をと願っています。皆さんに感謝しながら……。

T.K(63才女性)

---------------------------------------------------------------------------

ホルモン焼きが食べたい!食い意地に背中を押され
インプラントに進む。単純な考えに自分ながら呆れる

近所に焼肉屋さんがある。家内とそこでたまに夕ご飯をささやかにとるのが楽しみだ。牛肉は県内産の選び抜かれたもの。豚肉も輸入物でないし、色のきれいなホルモンは何故か肉より旨い。

困ったことに、それを噛みしめる歯が5本ほど入れ歯になっていて、それも何せかなり前のもので、どうにも具合が悪かった。在職中はそれでも我慢したが、退職してから1年ほどで入れ歯も壊れ、それで入れ歯を外し、ついに残った自分の歯だけで食事をすることになってしまった。

噛めない!欠損歯のまま食べると、噛みしめる感覚が薄い。食べた気がしない。こうして、残念ながら、大好物のホルモン焼きから遠ざかる羽目になってしまった。かつて在職中の上司の次男さんが歯科医で、おぼろげながらインプラントという治療法もあることは分かっていたが、それでも決心するのに1年もかかった。以前に喉のポリープ手術の際に歯のプロテクター(こう言うのかどうか知りませんが)でお世話になったささき歯科医院でインプラントのための精密検査をし、治療計画・治療の概算などを聞き、平成20年4月から本格的に治療が始まった。

治療は医療が行うもの。痛いだろうか?どのくらいの
期間がかかるだろうか?費用はいくらかかるだろうか?
素人のほどあれこれ事前に考えてしまう

決心するのに何故1年もかかったか?一人でいろいろ考えてもインプラントの治療法など分かるわけではないのに、着弾地点を自分で想定しようとしたからだろう。しかし、そんなことはいくら考えても無駄なのに、いじいじ、グダグダと時間を浪費してしまった。

歯科医院というとほとんどの人が悪い思い出があるのではないだろうか?小さい頃は、とにかく怖かった。60歳代になってもその思いは薄まることがなかった。きっと痛いに違いない!いやそうに違いない!でも、ホルモンも食べたい。葛藤の末に食べるほうを選んだから、治療のスタートはもうほとんど不純と言うべきか。

手術の日はバスで、おっかなびっくり登院。
しかし、痛みはなかった!夜もぐっすり

佐々木院長先生から、術後は麻酔の影響があるから車の運転はできませんよ。こちらで費用負担しますからタクシーで帰宅してくださいね、とのご指示。当日バスでささき歯科医院までおっかなびっくりの気持ちで行き、手術を終わったあと、恐縮にも院長先生はじめ皆さんの見送りをいただいて医院の費用でタクシーで帰宅。これも初めての経験だった。

手術は、ほとんど痛くなかった!夜もまったく痛くなく、ゴルフのビデオを見て久しぶりにゆったりと過ごした。素人が、あれこれ悩む必要などさらさらないのに、その素人ほど考え込んでしまう。何だ、患者の側はこんなに簡単なのだ。でも、ささき医院の側は世界レベルの治療が行われているから、どんなに細心な医療が行われているのだろうか、残念ながらそれを理解できないのが申し訳ないところだ。

費用はローンで支払い、金利は医院に負担してもらった!
インプラントであることを日常意識しない生活。おまけに
ゴルフの飛距離がのびて大変、飛びすぎて何故か草むらに

気になる費用だが、それはおそらくそれぞれの価格になってしまうから、ここで紹介しても参考にならないと思う。特筆すべきは、全額ローンを組んで、インプラントを普及したいと言う院長先生の熱意とのことで、その金利をささき医院に負担してもらったことだ。考えられない!とてもうれしかった。

入れ歯の中に胡麻が入ってすぐに入れ歯を外さなければならないあの惨めさや、遠出して昼食をとったときにトイレの中で入れ歯を洗うあの嫌な作業が今はなくなった。日常、インプラントの意識はまったくなく、日に三度の歯磨も楽しく感じるから不思議だ。

おまけに、ドライバーの飛距離が伸びるなんて60歳台で夢のような話を誰が信じるだろうか。70グラム近いSシャフト、ロフト9.5度のB社のドライバーで飛距離が伸びればつい胸を張ってしまうのだろうが、いかんせん方向がいまいち、ありがたいことに?飛距離が伸びたことによって、むしろ崖や、バンカー、ラフにつかまってソクラテスのように悩み始めている。

ささき医院のスタッフの皆さんにとってはきっと
緊張感あふれる職場。でも、明るさはたっぷり。 
居住満足度は今までの経験をはるかに超えている


スタッフの皆さんは明るい。でも患者に緊張感を持って接していることが肌で感じられる。個室の中の映像は大好きな山や木の風景が出てくるので目を奪われることが何度もある。いつかは治療用の椅子の上で居眠りをしてしまって、笑われたことさえある。あのほど恐怖の館だった歯科医院で居眠りとは、呆れたものだ。

ドクターだけでなく、スタッフ全体がまとまらなければ仕事の水準が上がらないことは、医療の世界だけでないと、患者の側はみんな知っているから、緊張感を感じると、ああ、これだなと納得してしまうのだ。

気持ちいいほどの清潔感、スリッパも個人使用ですぐに消毒済みのものと変える。トイレ周りの行き届いた心配り。大好きな木造の椅子、廊下。子どもたちが真っ先に体で理解する安らぐ空間がそこにある。居住満足度も顧客の視点で考え抜かれている。

「よいしょ」は書かない主義。終わりに代えて

「よいしょ」は書かない主義。歯に衣着せぬ言動で物議を醸したこともいままで何度か。しかし、1年を超える治療を通じて院長先生の男気に触れてしまった。今ではあまりないことだが、それでも僕が少し緊張しているなと思うと、佐々木先生の突然のゴルフだ談義にこちらも歯科医院にいること忘れてしまうから不思議だ。

インプラント、やってよかった。もっと早く決断すべきだった。後悔を先に立てて人生は進むべきだなあ。読んでくださってありがとうございます。

岩手県紫波郡
O,S(昭和23年生まれ)

---------------------------------------------------------------------------
月1回の通院で、またまた新発見! 歯みがき率の測定もあるし、
歯間ブラシも 3種類の使い分けを指導される

インプラントになってから、月1回のペースでささき歯科医院にお世話になっている。 歯を1本ずつチェックしてもらい、歯みがきが適切に行われているか、目で確認してもらう。最初の頃には「歯みがき率」のような数値も出されてしまった。

このような数値があるとは、知らなかったので、いささか驚いた。新発見であるし、このような表示の手法は実に面白い。さらに歯に色を塗って、みがいていないところを僕が確認しやすいようにしてくれる。それをメモすればいいのにやらないから駄目だ、と反省しきり。

歯ぐきの色が変わっていないか、出血はないか、さらにチェックしてもらう。この辺には、このように歯ブラシを当てて、というようなブラシの使い方や、歯間ブラシは、この部分はSで、このところはSSとか、いろいろな指導を受ける。自分で適当にやっていると思うところは確実にマイナスデータで現われる。

何しろ60歳をすぎて手がぎこちなくしか動かないし、腕は筋肉作業が中心で、細かいことにはまったく向かない。歯ブラシの使い方も衛生士さんが言うようにできないかもしれない。ブラシがうまく当たっていない所をどういう方法でみがけばいいか、スタッフの皆さんとの相談になる。歯ブラシは簡単そうで意外に難しい。試行錯誤の末に電動歯ブラシに移行し、歯間ブラシは3種類を使い分けたほうが効率的に歯垢を除けるということも分かった。

電動歯ブラシが楽でやりやすい。朝食のあとは、 電動を使って水でみがく。そのあと練りで色落とし 昼食・夕食後は練りを使わずにCHXだけで歯みがき

電動歯ブラシは実に楽である!ロッキングチェアに座ったり、パソコンの前でとか、自分の好きなことをしながらしている。みがき残しになる部分だけは、頭の中に入れておいて、最後に重点的にそこをみがくようにする。

衛生士さんと相談した僕の1日の方法はこうだ。手順に従って、くどいようだけれども、是非説明したい。朝食後、まず歯間ブラシで掃除し、糸楊枝で歯の間をみがく、そのあと水だけを使って電動でみがく。水だから色がないはずだが、みがき始めて少し経つと色が落ちてくるのが見える。さらに時間をかけるともっと色が落ちてくるのが分かる。こんなに色が落ちるとは、不思議、不思議。次は練り歯みがきでさらに軽く色落としをして、うがいのあとフッ素を塗っておしまい。30分はお茶などは控えるようにしている。

昼食後、夕食後は、医院にあるCHXという、洗口液を電動の歯ブラシにつけてみがく。歯間ブラシを3種類使う、糸楊枝で歯間をみがいてからであることは、朝食後と変わらない。このCHXに慣れてくると実にいい味で、食事のあとに歯磨きをしてCHXに出会うと、なんと爽やかなことか。是非おすすめしたい味である。



医院で色を落としてもらっても、以前は1ヵ月も 経てば前歯に色がついた。最近では色がそれほどつかなくなった。フッ素のせいかな?

朝の目覚めにコーヒー2杯が日課、どうしても前歯に色がついていたが、衛生士さんが そのうちにつき方が弱くなりますよと言ってくれた。毎月医院に通うし、色落としはそのときにでもできるからと思って、聞き流していた。

1日3回の歯磨き、1回のフッ素塗布を苦にもならず行っていたら、歯科医院でメンテナンスのあとの、あの色が落ちた感じや、歯のツルツル感が自宅でいくらか実感できるようになったから、大変なものである。その前は、みがいても、色はなかなか落ちなかったし、インプラントの歯に何かついているようなザラザラ感があったが、今ではそれがほとんどない。フッ素の効果か?衛生士さんの話していることが理解できたのである。

ある日突然インプラントが壊れてしまった。さあ大変。
最初の金額を支払うとすれば、これは困ったぞ!でも、心配にあらず、修復は無料だった!

硬いものが食べられるので、喜んでばんばん食べていたら、ある日、石かガラスを噛んだような感覚があった。気にしないでいたら、舌に歯の欠けた感覚があった。まずい、これは大変だ、お金も相当かかるし、そんなに簡単にインプラントが壊れるなんて。

慌てて歯科医院に行き、ドクターに相談すると、平然としたもの。「柔らかい材質のもので作っていますからね」とのたまう。「あの・・・・経費はいかほどでしょうか?」「前に説明していますが、もう一度当医院のシステムを説明すると、月1回通院していれば、歯が壊れても費用はかかりません」「ほうっ」。

イタリア系アメリカ人の若い女性が、鯵の干物を頭から バリバリ!かけたのがオリーブオイル。確か15年ほど前の 出来事。ため息をついてしまった。今度は挑戦するぞ

ホームスティに来た一行のうちの一人、イタリア系のしかも若い女性だから余計目を引きつけられてしまった。鯵の干物の焼いたものをオリーブオイルをかけて頭から美味しそうにバリバリ食べる。この辺では若い女性に見ることのできない光景である。どんな歯をしているんだと、その当時は不思議で、ため息をついてしまった。僕の今のこの歯で、鯵に挑戦してみるか?

でも、またドクターの手を煩わせるのではないかと二の足を踏んでいる。今はできるような気がする。これほどまでに自信がついた。柔らかい納豆とかもきちんと噛めるし、硬軟取り混ぜて季節の味覚を安く、バラエティーに楽しめるようになった。感謝!

歯に自信がついて、朝はどんぶり2杯。いくらか 太りたいのに体重は下降気味。毎日ご飯がうまい! 日に3回の歯みがきが楽しく、趣味の世界かも?

食べれば太る、という単純なことではないかもしれない、それとも粗食にすぎる結果か。体重がこのところ下降気味で悩んでいる。肉体作業のためには筋肉の維持は重要だから、朝はしっかり食べる。我が家の田んぼで山の水で育ててハセに架けた、いわゆる天日干し、食味値84(平成21産米)のひとめぼれを、どんぶりで2杯いただく。粗食と言われようと、体には旬のものを安く摂ることが、理にかなっているのだ、と一人でうそぶいてみる。

ある政党の要職についている経済問題の大兄は、「地産地消」の言葉を生み出し、さらに「旬産旬消」を唱えてやまなかった。いま、その意味を体で、そして食べる際に一番肝心な歯でそれを理解している。この幸せ感、なかなか周りには分かってもらえないだろうな。

大きなお世話かもしれないが、この気持ちを多くの人にいくらかでも伝えたい。なかば趣味の世界に入りつつあるかもしれない歯みがきとあいまって、体験記を公表するエネルギーとなり、駄文を問うてしまった。ごめんなさい。お元気で。

岩手県紫波郡
O.S(昭和23年生まれ)






ページの上へ サリバテスト無料券 オンライン問診