盛岡市 ささき歯科医院 歯周病&インプラントクリニック

インフォメーション
診療内容
診療シミュレーション
FAQ
スタッフ紹介
ささき歯科NEWSブログ
治療理念
FAQ
インプラント治療ガイド
院長のお気に入り
リンク
サイトマップ
リクルート
メール
患者さんからの手記
ささき歯科NEWSブログ
NEWS

 歯ハは新聞 VOL. 3 平成17年 夏季号発行

 いよいよ、夏本番です。盛岡は、夏も夜は涼しく過ごしやすいので、油断をして夏風邪をひかないように注意してくださいね。楽しい、夏の休日を、お過ごしください。
 今回は、【歯周病の進行状態・歯周病になる主な原因】について、載せてみましたので是非、参考になさってください。

『歯周病は深く静かに潜行する』~出血は最初の赤信号~

 歯は、歯肉と歯槽骨と歯根膜によって支えられていて、この支えている組織を歯周組織といいます。つまり歯の根(歯根)は歯肉に覆われていますが、歯肉の下は骨になっていて、歯根は骨の中にしっかりと埋まっています。
 歯周病は、歯肉から始まります。最初は歯肉から血が出る赤く腫れるなど歯肉の表面に炎症が起きますが、この状態を歯肉炎といい、中の歯槽骨や歯根膜には炎症がおよんでいません。この炎症が進むと歯肉の辺縁から膿が出るようになり、やがて歯槽骨が溶けて歯がグラグラし、物を噛んだとき力が入らなくなって、かみしめると痛むなど、本格的な歯周炎(歯槽膿漏)となります。
 ここまで進むと、その歯を抜く以外に方法がありません。しかも炎症が広範囲におよぶので、数本まとめて抜くような結果になってしまいます。

※図の説明は、省略します。当院では歯周病関連の本がありますので、そちらを見ていただくことを、お勧めします。※

『歯周病を防ぐ方法』~歯垢と歯石は早めに取り除こう~

 歯垢とは、歯の表面に付着した細菌の集団で糊状の膜になっていて、うがいなどでは落ちないものです。口の中は、プラークの繁殖にとてもよい環境です。
 なぜなら、細菌の育成に必要な適温と湿りが保たれ、外気にもふれないからです。さらに口の中に残った食べかすから栄養分が補給されますので、どんどん増殖していきます。この歯垢中の細菌が、一方でムシ歯の原因となる酸を出し、また一方で歯周病の原因となる毒素をまきちらします。
 歯茎が赤くはれるのは、細菌の出す毒素や老廃物質によって炎症を起こすためです。早いうちに歯の表面から歯垢を取り除けば、炎症は消失します。
 しかし、このような初期の炎症をそのままにしておくと、歯を支えている歯茎の辺縁のひき締まりがなくなり、歯の根元に深い溝(歯周ポケット)ができてしまいます。この溝の中には毒性の強い細菌が棲みつき、溝を通してどんどん深いところに炎症が進み、歯槽骨が溶けていきます。
 この歯垢が蓄積し石灰化したものが歯石です。歯石の沈着は年齢によって差がありますが、歯石の表面は歯垢で覆われていますので、必ず歯科医院で取り除いてもらいましょう。このほかにも原因はありますが、歯垢と歯石がムシ歯や歯周病の直接の原因になっています。

一番大切なのは、歯の表面から歯垢と歯石をしっかり取り除くことです。

『歯周病その他の原因』

・歯列不正、不正咬合 ・合わない金属冠や入れ歯など
・食べ物のはさまりやすい状態 ・歯ぎしり、くいしばり
・口呼吸(鼻の病気による場合がある)  ・日常のストレス

~・~・~スタッフより一言~・~・~

★院長・・今年の夏も去年のように暑くなりそうです。ただし暑すぎは困りますが(汗)
☆十良澤(歯科衛生士)・・最近、ボーリングにハマってます!楽しい!!
★一盃森(歯科衛生士)・・何かお勧めの映画ありませんか?教えてください!
☆佐藤(歯科衛生士)・・少し慣れてきました。この調子で頑張ります!
★熊澤(歯科受付・秘書)・・少し痩せてきました。海に行くまで間に合うか?!
☆高橋(歯科受付・秘書)・・新人の高橋です。覚えてもらえるようにがんばります!!

O o .アロマオイル調合のオススメ. o O
(やさしいバラの香り)ローズマリー・ゼラニュウム・ペパーミント


歯ハは新聞最新号へもどる





ページの上へ サリバテスト無料券 オンライン問診